ページ先頭へ
浜松旅行クラブ(HTC)ロゴ

Hamamatsu Trip Club
(HTC)
浜松旅行クラブ

コースNo.[c027]遠州三山風鈴まつり(袋井市)

紹介者〔サイト管理者〕

コース案内

 袋井市にある遠州三山(可睡斎、油山寺、法多山)の風鈴まつりを回るコースとして紹介。
「遠州三山風鈴まつり」は夏場の期間限定です。2018年は6月1日~8月31日https://www.fukuroi-fuurin.com/

三山でそれぞれ特徴のある風鈴で、同じ袋井市の近距離内にあるので、せっかくなら3か所すべて回るのがお勧めです。

可睡斎

 可睡斎は年初の「ひな祭り」(コースNo.[c021]で紹介)も見事だが、今回の風鈴も数が多く、色とりどりで楽しめます。
 メインは山門をくぐった先の境内に並んだ風鈴で、ここだけでも見ごたえがあるが、諸堂拝観をすれば、赤風鈴や紙風鈴など多くの展示があるので、総受付で参拝料を払っての拝観をお勧めします。

法多山 尊永寺

 門前から本堂までの参道は夏場は青もみじなど緑豊かで歩くには手ごろな距離であり、清々しい散策道になっています。
風鈴は本堂両脇の他、数か所に展示されているので、行き帰りは違う道を選ぶほうがいい。
 法多山といえば”厄除けだんご”が有名で、厄除けだんごが乗っている厄除け氷が夏場の名物になっているが、門前のお店のかき氷も捨てがたい。

油山寺

 遠州三山風鈴まつりの中で唯一南部風鈴を展示していて、地味ではあるが寺院の風情にはあっている。
 風鈴は山門からすぐの宝生殿周りだけだが、山の上の本堂の他、山全体が境内になっているのでぐるっと回ってみるのもいいのでは。

※遠州三山の風鈴
伝統的に有名な風鈴はガラス製の”江戸風鈴”と”南部鉄器風鈴”ですが、可睡斎は鮮やかな単色の江戸風鈴、法多山は絵付け風鈴、油山寺は南部鉄器風鈴。

〔広告〕
出発地 浜松
日 数 日帰り
宿泊地  
最適な時期 6月~8月
距離・時間 浜松~可睡斎~油山寺~法多山
片道走行距離:35km、走行時間:1時間

可睡斎風鈴まつり(袋井市) ≪音量に注意


法多山風鈴まつり(袋井市) ≪音量に注意


油山寺風鈴まつり(袋井市) ≪音量に注意


ルートマップ

□ 大きなマップで表示

▲ページ先頭へ